i-placard-dl
News
[ 2024年2月18日 ]

プラカード等のデータダウンロード

プラカード

PDFデータを保存ダウンロードしてデモなどでご活用ください!

看板など

inews2
News
[ 2024年1月20日 ]

デモのセーフィティーゾーンについて

デモの第1グループの後方あたりに「参加に不安がある方に配慮するセーフィティーゾーン」を設けます。

セーフティ・ゾーンのルール

  • 撮影しません(メディアを含む)
    ※通行人から不意に撮影されてしまう可能性がありますので、各個人で対策をお願いします。
    (例:サングラス、帽子の着用なと)
  • シュプレヒコールは行いません
  • チラシ配布は行いません

その他、参加に関して不安なことや、その他の対応が必要な場合は、お気軽にご相談ください。

inews-message-202401
News
[ 2024年1月18日 ]

原発賠償京都訴訟団と大学生有志からのメッセージ

原発賠償京都訴訟団

昨年6月17日の最高裁 不当判決 (多数意見)以降、下級審ではそれに追随し、「国に責任なし 」とする判決が続いています。何としてもその流れを断ち切り 国の責任を断罪する判決を勝ち取ります!仙台のような一般に低線量と思われているところより避難された 原告さんらも勝訴することが「核が蔓延る世界中の希望」に繋がっていきます。裁判官に勇気を持って公正な判決を書いて頂く為に、更に大きな民意を!本当に正念場です!

バイバイ原発きょうと大学生有志

私たちは24年3月9日に開催される「バイバイ原発きょうと」集会に向けて集まった、大学生有志の企画グループです。 汚染水放出反対や気候変動問題など、活動の軸にしている問題はそれぞれ違いますが、原発ゼロと被曝しない安心できる社会を作ることで思いを一つにしています。 3月9日の集会では、同世代の学生・若者たちに呼びかけて参加していただき、原発の危険性を知ることのできる大事な機会にしようと企画しています。

inews_003
News
[ 2023年12月20日 ]

抗議声明「2050年までに原発による発電容量を世界で3倍にするという宣言」の撤回を求めます

2050年までに原発による発電容量を世界で3倍にするという宣言の撤回を求めます

2023年12月2日、アラブ首長国連邦で開催されている第28回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)において、米国政府が「2050年までに原発による発電容量を世界で3倍にする」という宣言を発表し、これに日本を含む21カ国が賛同を示したことが報道されました。私たちはこの宣言に強く抗議します。

きわめて深刻な原発事故を経験した日本において、世界の原発容量を3倍にし、日本政府がその宣言に賛同することは、決して認めることができません。これは被災した膨大な人々を愚弄するものにほかなりません。

福島第一原発事故により、10数万人もの人々が避難を余儀なくされました。今も原子力緊急事態宣言が出され続けており、人々は被ばくによる健康不安に悩まされ、土壌の強い放射能汚染などによって多くの人々が故郷に帰れないでいます。事故を起こした原子炉からは、放射能デブリを取り出すことすらほとんどできないままで、廃炉のめどもたたず、収束にはほど遠い状況です。しかもデブリに触れた放射能汚染水は増え続けており、トリチウムや炭素14や、他の放射性核種も処理しきれないままの汚染水の海洋投棄を強行し、今後30年以上にわたって海洋放出し続けるというのです。原発事故による被害は計り知れません。

そもそも原発は危険で不安定な上に経済合理性にも欠ける電源であり、ウラン採掘から運転、廃炉、核燃料の処分に至るまで環境を汚染し、人権を侵害するものです。原発を気候変動対策にすべきではありません。公的資金を将来性がない原子力に使うことは、未来の無い原子力産業を儲けさせ延命させるだけです。

日本政府は、国内ではなく主要に国外で原発を建設することを支援すると説明していますが、これは危険な原発を輸出して他国に押し付け、他国の人々を危険にさらすことによって原発産業を儲けさせるものであり、このような不正義を認めることはできません。

気候危機に立ち向かうためには、一刻も早い化石燃料の廃止と、省エネルギー対策の徹底、再生可能エネルギーの適切な活用こそが必要です。原発をはじめとした「誤った気候変動対策」は、真の対策を遅らせ、既存の不正義の構造を強化するだけです。

私たちは、私たちの未来に、気候災害も原子力発電も、存在してほしくありません。
「2050年までに原発による発電容量を世界で3倍にする」という宣言を撤回することを強く求めます。

2023年12月3日  バイバイ原発3・9きょうと 大学生有志

inews_001
News
[ 2023年12月1日 ]

会場までの交通について

円山公園音楽堂

〒605-0071 京都市東山区円山町 円山公園内(Google Mapを開く)

電車でお越しの方

  • 地下鉄東西線「東山駅」より徒歩13分
  • 京阪「祇園四条駅」より徒歩約10分
  • 阪急「河原町駅」より徒歩15分

バスでお越しの方

  • 市バス「祇園」バス停下車、徒歩約5分(100・206系統)