News

What's New?

最新ニュース

最新のお知らせやトピックスをお届けします。

バイバイ原発きょうとのために、絵本やアートディレクションなど様々な分野で幅広く活動するtupera tupera(ツペラ ツペラ)さんがイラストを、京都在住のブックデザイナー美馬さんがデザインを担当してくださいました!

Message

2024年3月9日開催 バイバイ原発3・9きょうと

ご参加・ご賛同の呼びかけ

2011年3月11日に起きた東日本大震災・福島原発事故からまもなく13年。

私たちは、福島に想いを寄せ、毎年、3・11前後の日程で集い、京都から脱原発を訴え続けてきました。
多様な市民が、脱原発の願いのもと結集し世論を動かそうというこの取り組みは、全国的にも貴重なものとなってきています。

しかし、その実現には今なお多くの困難が立ちはだかっています。
だからこそ、私たちは粘り強くこの訴えを続けています。

事故の風化を許さず、脱原発に向けさらに前進するために、今年も「バイバイ原発3.9きょうと」の開催を呼びかけます。多くのみなさんのご参加・ご賛同をお願いします。

2023年11月 バイバイ原発きょうと実行委員会

※クリックすると昨年の開催動画をご覧いただけます。
一昨年6月17日の最高裁 不当判決 (多数意見)以降、下級審ではそれに追随し、「国に責任なし 」とする判決が続いています。何としてもその流れを断ち切り 国の責任を断罪する判決を勝ち取ります!仙台のような一般に低線量と思われているところより避難された 原告さんらも勝訴することが「核が蔓延る世界中の希望」に繋がっていきます。裁判官に勇気を持って公正な判決を書いて頂く為に、更に大きな民意を!本当に正念場です!
原発賠償京都訴訟団

原発賠償京都訴訟団

私たちは24年3月9日に開催される「バイバイ原発きょうと」集会に向けて集まった、大学生有志の企画グループです。 汚染水放出反対や気候変動問題など、活動の軸にしている問題はそれぞれ違いますが、原発ゼロと被曝しない安心できる社会を作ることで思いを一つにしています。 3月9日の集会では、同世代の学生・若者たちに呼びかけて参加していただき、原発の危険性を知ることのできる大事な機会にしようと企画しています。
バイバイ原発きょうと大学生有志

バイバイ原発きょうと大学生有志

開催
カウントダウン

Special

デモだけじゃありません!

おしどりマコ・ケンさん講演

『福島原発事故を追いかけて13年』

おしどりマコ・ケンさんプロフィール

ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

X(Twitter)おしどりマコ @makomelo
X(Twitter)おしどりケン @oshidori_ken

Schedule

Timetable

開催スケジュール

メインイベント & デモ
2024/3/9(土)@円山公園音楽堂
13:00〜13:20
開場 & オープニング うたごえ
京都うたごえ協議会さんたちが歌います。
13:25〜13:30
司会あいさつ & 黙祷
下村委津子(フリーランスアナウンサー)さん、朴偕泰(パクヘテ:人民新聞)さんが司会進行いたします。
13:30〜13:40
主催者あいさつ・メッセージ紹介
賛同のメッセージなどをご紹介いたします。
13:40〜14:10
おしどりマコ・ケン講演
「福島原発事故を追いかけて13年」をテーマとした30分の特別講演です。
14:10〜14:50
スピーチ・報告

  • 「原発賠償京都訴訟団」避難者の方
  • 「バイバイ原発きょうと」大学生有志
  • 「能登大地震と関電の原発」
    渡辺輝人さん(京都地裁大飯原発差止訴訟弁護団事務局長)

14:50〜15:00
集会決議
バイバイ原発3・9きょうとから発信するメッセージを決議します。
15:30〜
デモ出発
Message

バイバイ原発・京都のきっかけ

メッセージ

アイリーン・美緒子・スミス

(グリーン・アクション代表)

放射能に汚染された地域には、いまだたくさんのこどもたちが被曝の危険にさらされています。こどもたちを被曝から守り、自主避難の権利を求めると共に、私たちは原発のない社会を目指すため、行動して行かなくてはなりません。このネットワークはそのための小さな、しかし希望のある一歩です。是非ご賛同下さい。

槌田劭

(NPO法人使い捨て時代を考える会相談役)

私たちは、東京電力だけでなく、原発を推進してきた業界と政府、そして原子力を推進してきた学会、その関係者の謝罪を要求します。そして運転中の原発の即時停止、すべての原発を廃炉にすることを、ここに強く要求します。その立場から、私たちは、大量の電力を消費する浪費型の社会からの転換への努力をさらに強めたいと思います。

柄谷行人

私はこう信じています。第一に、反原発運動は長く続くということです。第二に、それは原発にとどまらず、日本の社会を根本的に変える力となるだろう、ということです。
皆さん、ねばり強く戦いを続けましょう。

大澤真幸

(社会学者)

バイバイ原発京都を応援します。
ともにがんばってやっていきましょう。

瀬戸内寂聴

『さようなら原発』一千万署名 市民の会発起人

1000万人のひとりになることは、人間の誇りです。

山本太郎

(参議院議員)

長い闘い? 勘弁してくれ!
さっさと決着つけようぜ!
生きてたい!みんなで生きのびよう!
(*2011年に応援メッセージ頂きました)

Archive

Past events

過去の開催

「バイバイ原発 きょうと」は、2012年から開催してきました。
過去に開催した「バイバイ原発 きょうと」の記録です。
当時のメッセージや動画をご覧いただけます。

若狭の原発動かすな!
福島原発事故から13年 福島に思いはせ
みんなでデモしよう!

Supporter

賛同者

呼びかけ人

アイリーン・美緒子・スミス
(グリーン・アクション)
飯田哲夫
(京都府保険医協会)
石田紀郎
(市民環境研究所)
市川章人
(非核の政府を求める京都の会)
うのさえこ
(3・11ゆいネット京田辺)
大植 登
(原発ゼロプログラムの会)
大島堅一
(龍谷大学教授)
梶川 憲
(京都総評)
河本一成
(反核京都医師の会)
木原壯林
(若狭の原発を考える会)
佐伯昌和
(有機農家)
榊原義道
(北山の自然と文化をまもる会)
坂本真有美
(個人)
佐々木佳継
(京都・水と緑をまもる連絡会)
澤田季江
(新日本婦人の会京都府本部)
下村委津子
(フリーランスアナウンサー)
シャウベッカー・デドレフ
(口丹自然のくらし協議会)
新開純也
(反戦・反貧困・反差別共同行動in京都)
杦本育生
(環境市民)
鈴木栄
(安全農産供給センター)
宗川吉汪
(原発ゼロをめざす京都ネットワーク)
園 良太
(ゴーウェスト カムウェスト)
田浦健朗
(気候ネットワーク)
高尾美香
(コープ自然派京都)
竹中寛治
(日本科学者会議京都支部)
槌田 劭
(使い捨て時代を考える会)
中川洋寿
(京都民医連)
中山良子
(非常勤講師)
朴勝俊(パクスンジュン)
(関西学院大学教授)
朴偕泰(パクヘテ)
(人民新聞)
萩原ゆきみ
(原発賠償京都訴訟原告)
原 強
(京都循環経済研究所)
福島敦子
(原発賠償京都訴訟原告)
藤井悦子
(アジェンダ・プロジェクト)
松原竜生
(関西よつば連絡会)
溝内啓介
(コンシューマーズ京都)
森垣郁江
(つながる、みなまたとわたし)
守田敏也
(フリーライター)
山内小夜子
(真宗大谷派僧侶)
山崎典子
(使い捨て時代を考える会)
山田晴美
(使い捨て時代を考える会)
山路容子
(生活クラブ京都エル・コープ)
山本幸市郎
(京都反原発めだかの学校)
吉田明生
(京都脱原発原告団)
吉永剛志
(個人)